• c-facebook

​(株)恵の木 オプティメゾン

オプティメゾンが眼鏡について考えること

めがねとは、つくづく難しく奥の深いものです。
(眼の)検査はもちろん、(お顔への)フィッティング、
また(選定する)レンズタイプにいたるまで、
千差万別で、ふたつとして同じものは出来上がりません。
そこに、フレームデザインという、重要な要素が加わります。
すべての条件を総合的に満たすために、最も必要とされることが、
お客様とのコミュニケ―ションであると、私は思っています。

店主紹介

■ 板垣 光宣(いたがき みつのぶ)
■ 昭和56年(1981年)生まれ
■ 大手老舗眼鏡店に10年間勤務
■ 父が眼鏡業界(フレーム卸)に長年携わってきた
   ことをきっかけとして、姉が2009年に成城に
   メガネサロンをオープン。そのバトンを受け、
   九品仏にて店舗を運営しております。
■ 好きな食べ物 麺類
■ 特徴 大きな耳と天然パーマ、とっても低い声

オプティメゾンは2009年12月に成城で開業した小さな眼鏡屋です。
2014年11月に新たに九品仏に拠点を移し、新しい取り組みを始めました。​